「NARUTO」「BORUTO」と忍者の次はサムライ?岸本斉史が新作発表!

漫画は今となってはただの娯楽ではないほど、私たちの生活に浸透していないだろうか。

あなたも「週刊少年ジャンプ」はご存じだと思う。

大人になった私もいまなお「週刊少年ジャンプ」を見ながらまだまだ青春を感じさせて頂いています。

特に、子供心と挑戦心に関しては、ワンピースから学ぶことも多く非常に楽しみながら読ませてもらっています。

そして、ワンピース、ブリーチ、テニプリなど数多くの作品を手掛けてきた集英社に新しい動きが見えています。

新連載決定!

集英社は23日に人気漫画の「NARUTO」を手掛けてきた岸本斉史さんが原作を手掛ける新連載が来春スタートすることを発表した。

岸本斉史さんといえば、「NARUTO」に次いで「BORUTO」という忍者を題材にした物語を執筆したことで、記憶に新しい。

今回の新連載は一体どんな内容なのでしょうか?

新連載の内容は?

岸本斉史さんが次に考える作品は気になりますよね。

どうやらタイトルは「サムライ8 ハ丸写伝(さむらいえいと·はちまるでん)」となっていますね。

作画の設定は、大久保彰さんが務めキャラクターやストーリー設定は岸本斉史さんが担当します。

気になるあらすじ

新連載が決まればあらすじが気になるかたはいるでしょう。

調べてみたものの、あらすじの詳細はまだ公開されていないみたいですね。

ファンやユーザーには、注目をあつめ焦らしておくのがいいのですが、なかなかそわそわして春まで待てないのではないでしょうか。

公開まで今は待つしかないようです。

岸本斉史さんのコメント

公開されたビジュアルからは、刀を持った近代的なものを感じさせます。

舞台は江戸?明治?それとも近未来のどこか、、。と勝手に色々と考えてしまいますね。

「ぼくは和モノが好きです。そしてSFモノが好きです。なのでこの好きなの2つを混ぜちゃって作品を描く事にしました」と岸本さんがコメントしています。

果たして、「NARUTO」「BORUTO」に続き、どんな作品が展開されるのでしょうか。

感想

岸本斉史さんの新作についての情報をまとめましたがいかがだったでしょうか。

「週刊少年ジャンプ」の新連載になる「サムライ8 ハ丸写伝(さむらいえいと·はちまるでん)」の、サムライ8の8は8人という意味なのか

内容は、和ものとSFものを混ぜたというだけに、今、ワンピースも倭の国編に突入しているので、まさに、和ものとSFもののコラボレーション。

「週刊少年ジャンプ」では、サムライブームが到来していますね。

来春からの連載開始ということで春まで待ちきれません。

岸本斉史さんの新作に期待しますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする