ロンハーゴールデンから降格も深夜帯で面白企画を打ち出せるか?後釜は?

4月と言えば、新卒、入社、入学など別れと出会いが待ち受ける季節に突入します。

そして、21年に渡って続いた伝説の番組「ロンドンハーツ」が降格するのだといいます。

先日、朝の情報番組内で行っていた「MOCO’Sキッチン」が番組打ちきりを正式に決めており、番組変更や打ちきりが続々とニュースになることだろう。

ロンドンハーツの降格

ロンドンハーツは田村淳と田村亮がMC を務めています。

今までは、放送曜日の変更はあったが19時~22時までのゴールデン枠は常に確保していました。

しかし、4月からは毎週金曜から毎週火曜日に変更されます。

これは、突然の出来言ではなく、ロンドンハーツに執行猶予をあたえたものだったといいます。

執行猶予つきだった

番組変更の目的は、基本、数字がとれないことによる変更がほとんど。

火曜日21時から今の金曜21時になったのも金曜の20時に番組のミュージックステーションの後枠なら数字もとれるのでは?という考えからだった。

移った後の3年間は挽回するために頑張ったが視聴率を回復させることは出来なかった。

最近の番組は、数字が取れなければ、即打ち切りになるのが定番だったので打ち切りにならなかっただけでも奇跡なことだといいます。

ちなみに後釜は?

ロンハーの後釜にまんまと座る番組は一体なんなのでしょう。

トークバラエティ「ザワつく!一茂良純時々ちさ子の会」が水曜24時20分からゴールデン枠に登ってくることがわかった。

もともとは、不定期だったがテレ朝のゴールデン昇格パターンに載って、無事金曜21時枠に入ってきた。

ロンドンハーツが21年間続いてきたのは、間違いなくプロデューサーとしての田村淳の手腕があった。

彼氏の浮気調査を目的にした「ザ·ブラックメール」「トライアングル」などの人気企画が懐かしい。

しかし、BPO審議会が設けられたことで淳の思い切った企画がしにくくなったことは事実だろう。

常に視聴者の顔を伺った企画になっていた。

それも、ゴールデンの枠ではある意味厳しかったのかもしれません。

深夜帯に行けば淳のよさが復活!

ロンドンハーツは4月から火曜日の23時20分に放送枠を移動します。

深夜枠に移動すればゴールデン帯よりも視聴者の割合も限られてくるので淳のプロデューサーとしての手腕をいかすチャンス到来です。

是非とも、ロンドンハーツ始まった当初の過激な企画を打ち出してほしいところ。

4月からの新体制のロンハーに乞うご期待です。

感想

ロンハー降格で深夜帯に移動!後釜の番組についての情報をまとめましたがいかがだったでしょうか。

深夜帯で人気のあった番組が潰れてしまうのは深夜の枠で過激な企画をそのままゴールデンに持ち込んでしまう点があります。

色々課題点もありますが、またゴールデンで顔を見せてもらいたいですね。

ロンブー1号、2号さん今後の活躍も期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする