日本のドラマが今後もハリウッドに進出か?電車男がハリウッド化へ

日本の人気ドラマ「電車男」を基にしたミュージカルドラマが米国で制作されることが決定しました。

オタクをコミカルに描いた作品で、インターネット掲示板に恋愛相談を持ち掛け人生をバラ色に変えた実話を基にした作品です。

主人公の頼りなくも誠実さが滲み出ているキャラに惚れ惚れしてしまいます。

ハリウッドリメイク版ということで、出演者や内容も気になるところです。

それでは、ハリウッドリメイクされる「電車男」についてご紹介していきたいと思います。

リメイクきっかけはフジテレビ

フジテレビジョンが、初めて米国にコンテンツを輸出したことでハリウッドのリメイクが始まったとのこと。

米国版電車男の脚本家は?

米国の脚本家は、「Hey!レイモンド」のフィリップ·ローゼンタールとターカー·コーリーです。

フィリップ·ローゼンタールとは?

生年月日 1960年1月27日(58歳)
出身地 クイーンズ区
受賞歴 プライム·タイムエミー賞

「Hey!レイモンド」では、シーズン1~シーズン4を企画·製作総指揮として担当した実力の持ち主。

最初番組自体は、批判の嵐だったみたいだが、徐々に人気を獲得していったみたいですね。

監督を務めるのは?

世界最大の国際テレビ見本市「MIPCOM」によると、今回のハリウッドリメイク版の電車男は1話30分のドラマになると公表しています。

監督は、「ヘアスプレー」「ステップアップ」「ロック·オブ·エイジズ」などの数々の映画を手掛けたアダム·シャンクマンが担当することが決まっています。

電車男のキャストは?

今は、まだハッキリとしたことは明かされていませんが、映画「スターリングラード」「魅せられて」など多数の映画に出演してきたジョセフ·ファインズが主人公を務める予定とのこと。

電車男の日本ドラマの役柄だと、伊藤淳史さんの立場ではないでしょうか。

演出は?

製作会社のバーディゴ·エンターテインメントのマイケル·コノリーエグゼクティブプロデューサーは風貌の冴えない男性を主人公とした仏劇作家エドモン·ロスタンの戯曲「シラノ·ド·ベルジュラック」(人物)を現代風に甦らせていると評価しています。

イギリス俳優のジョセフ·ファインズは長い鼻で恋に悩む主人公を演じてくれるはずです。

感想

電車男のハリウッド版とは見ものですよね。

鼻が長い恋に悩む主人公とのことなので、日本ドラマの時よりも、なよなよ感を抑えた自信なさげで誠実な青年なのではないかと俳優さんから勝手にイメージしてしまいます。

また、主人公のお相手も気になりますよね。

日本ドラマだと、伊東美咲さんでしたよね?

ハリウッドリメイク版では一体誰がその役を担当するのでしょうか。

早く出来上がりをみたいので楽しみでならないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする