新幹線の最高速度引き上げへ!飛行機に対抗し時速320キロへ!実現はいつ?

国内で移動する場合、あなたは主に何を使うでしょうか。

航空機、電車、タクシーと利用したことがあると思いますがいま、新幹線の速度が上がることで注目されています。

ちなみに、新幹線の最高速度をご存知でしょうか。

現在、一律で時速260キロに抑えられています。

が、一部区間の盛岡~新青森に関して320キロでの運転を行う方向に決まりました。

全国の新幹線のなかで時速320キロに引き上げるのは初めての試みです。

4時間切り

最高速度を一部区間引き上げることによって、東京~新函館北斗は現在、最短で4時間2分と長丁場です。

そこを、盛岡~新青森間を騒音対策をしいて、今、掛かっている時間より10分以上短縮することで4時間の壁を突破し航空機と競い合うようだ。

新幹線の挑戦

1964年の東京オリンピックとともに東海道新幹線が開業した。

初代の「0系」は最高速度210キロだが92年にデビューした「のぞみ」は270キロになりました。

日本の新幹線の主力は東北新幹線の「E5系」の320キロ

山陽新幹線「N700系」の300キロだ。

全国一律最高速度は73年に行われた整備計画に基づき260キロに統一された。

東北新幹線「E5系」は宇都宮~盛岡は320キロで走っているがその他は、騒音対策が施されていないため、320キロでの走行が出来なかった。

営業利益挽回でJR東日本速度加速へ

2016年春に北海道新幹線が開業したものの利用者が少ないことから、17年度は98億円の営業赤字を出してしまいました。

100億円近くの利益を巻き返すためには、高速化しかないと判断し、大規模工事を行っていく。

11年後の2030年度には、札幌延伸が控えており、2030年度までに360キロ運転を実現化する車両開発と整備区間の速度向上にも動き出した。

320キロを体感できるのはいつか?

JR東日本は、約200億円を投じ盛岡~新青森の防音対策を強化するため、防音壁のかさ上げ、吸音板の設置、トンネルの設備改良を進めて5年以内に完成させる方針だ。

新幹線の320キロ走行を目にするのは、2024年の東京オリンピックの次になりそうです。

感想

新幹線の最高速度320キロはいつ実現か?についての情報をまとめましたがいかがだったでしょうか。

JR東日本は新幹線で、JR東海は20年代~30年代までリニア新幹線のスピード合戦があります。

改良を重ねた新幹線もリニア新幹線もあり充実しています。

新幹線の320キロを体感するのはまだまだ先ですが、非常に楽しみで仕方ありませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする