「ジョン·ウィック」第3弾の正式タイトル決定!キャストやあらすじは?

キアヌリーブス主演のシリーズ映画「ジョン·ウィック」の第3弾の正式タイトルと初ポスターを公開した。

正式タイトルとポスター

キアヌリーブスがこちらの様子を伺っている様な不気味な画ですね。

さすがは伝説の殺し屋。

雨の中傷だらけの額が歴戦の数々を物語ります。

タイトルは正式発表前にキアヌリーブスがフライング気味で公開したことで有名です。

正式なタイトルは、『John Wick 3:Parabellum』になると語っています。

気になるタイトルの意味

タイトルにある「Parabellum」の意味が気になっているのではないでしょうか。

“パラブレム”

と呼ぶらしいですよ。

「Parabellum」が「戦いに備えよ」という意味を持ちます。

ラテン語のフレーズ「汝、平和を欲さば、戦への備えをせよ」から採用されたみたいですね。

さすがは、ジョン·ウィック

徹底的にこだわり抜かれた世界観を言葉にまで反映するデザインセンスがずば抜けています。

そんなミステリアスなジョン·ウィックの世界観を彩るキャストをご紹介しましょう。

主要キャスト

チャド·スタエルスキー

監督には一作から続投しているチャド·スタエルスキ。

スタント·コーディネーターとして活躍し監督になっ経歴を持ちます。

ローレンス·フィッシュバーン

キアヌリーブスとはモーフィアスとしてマトリックスで共演されています。

イアン·マクシェーン

コンチネンタルホテルNYのオーナー。

その佇まいから只者ではないオーラを放つ権力者。

ランス·レディック

コンチネンタルホテルNYのフロント係り。

ジョン·ウィックチャプター2では、執事のようにお客様(暗殺者)をもてなしてくれました。

今回も個性派俳優が勢揃いしていますね。

新キャストには、ハル·ベリーも登場するようです。

キアヌリーブスとはどういう関係で描かれているのでしょうか。

益々気になりますね。

豪華なキャストはわかったからあらすじは?という方のために少し教えちゃいますね!

あらすじ

殺し屋たちが集うコンチネンタルホテルNYを利用していたジョン·ウィック。

しかし、そこでは最大の掟があり、破ったもには“死”が与えられた。

ジョン·ウィックは、コンチネンタルホテルにて、破ってはいけないホテル内で殺しをしてしまいました。

コンチネンタルホテルNYは、懸賞金1400万ドルかけ全世界の殺し屋とホテルから追われる身になってしまったジョン。

果たして、ニューヨークを脱出し逃げることができるのか。

感想

ジョン·ウィック第3弾の正式タイトル、キャスト、あらすじについての情報をまとめましたがいかがだったでしょうか。

全米公開日が2019年5月17日なので、日本公開は数週間後れになるでしょう。

また、詳しいことがわかりましたら更新していきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする