ドウェイン·ジョンソンがワイルド·スピード降板か!スピンオフ作品では主人公に

ドウェイン·ジョンソンと言えば、プロレスラーとしての肉体をいかしアクション俳優として活躍していますね。

ドウェイン·ジョンソンが「ワイルド·スピード」に出演するようになったのは5作品目の「ワイルド·スピードMEGA MAX」でした。

米外交保安部の捜査官ルーク·ホブス役で5~8作品目に登場した。

ルーク·ホブス(ドウェイン)とドム(ヴィアイン)は作品の中では、敵対関係にあるが時にはタッグを組んでいた。

ドウェイン·ジョンソンが出演しない理由は?

ドウェイン·ジョンソンはワイルド·スピードの作中ではドム(ヴィン·ディーゼル)の引き立て役として欠かせない役でした。

なぜ、今回、出演しなくなったのかというと2つほど理由が挙がっています。

まず、ドウェインは一時、1作目からシリーズを率いているドム役のヴィン·ディーゼルとローマン役の俳優タイリース·ギブソンとの確執が報じられています。

また、もう1つの理由としては、ワイルド·スピードのスピンオフ作品に出演が決まっているからだといいます。

ワイルド·スピード9の撮影は既に進行しているため参加したくてもできないようです。

スピンオフ作品の内容は?

Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw – Official Trailer [HD]

タイトルは主人公らの名前をそのまま採用し「Hobbs&Shaw」となっています。

ワイルド·スピードの世界を拡張させるが故の作品で見所も満載です。

ある研究施設で開発されたスーパーヒューマンが施設から脱走。

スーパーヒューマンを捉えるべくルーク·ホブスと殺し屋のデッカード·ショウがいがみ合いながらも共闘します。

果たして、謎のスーパーヒューマンに太刀打ち出来るのか?というのがスピンオフの内容です。

ドウェイン·ジョンソンのコメント

やはり、シリーズ本編に出演しないのはファンにとっては悲しいでしょう。

今後、シリーズ本編への出演があるのかが気になりますよね。

ドウェインは「でも10作目やその先で、どうなるかは分からないよ」と続けて「結局のところ、ホブスとドムの間には、決着していないことがある。片がついていない」と今後もシリーズ本編に出演することを匂わせているといます。

映画公開日は?

「Hobbs&Shaw」は8月2日に公開され、「ワイルド·スピード」 第9弾は2020年4月10日より全米にて公開予定だ。

日本での公開はその後になるでしょう。

ワイスピの世界を拡げる本編とスピンオフを両方楽しんじゃいましょう。

感想

「ドウェイン·ジョンソンがワイルド·スピード降板か?スピンオフでは主人公に」についての情報をまとめましたがいかがだったでしょうか。

今回は、本編には出ていないようですが、匂わせコメントが現実化しワイスピシリーズ本編でドウェイン·ジョンソンをまた観たいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする