高橋浩が映画「としまえん」で初監督デビュー!映画での功績は?

元NGT48の北原里英が初主演を務める「としまえん」
クランクアップした。

今回、監督を務めるのは、高橋浩監督だ。

た・か・は・し・ひ・ろ・し…

あまり耳にしない名前ですよね?

私も映画を良く見に行くので監督の名前は
知っているつもりでしたが高橋さんは全く知りませんでした。

そこで、気になる方もいると思うので
高橋浩監督について調べてみたのでご紹介しますね。

高橋浩プロフィール

では、高橋さんとは一体どんな人物なのでしょうか。

映画では「鉄道員(ぽっぽや)」「半落ち」などの助監督を務め、
ドラマは、「女刑事みずき~京都洛西署物語~2ND SEASON」「遺留捜査」第3シリーズなどの監督を経て今回初の商業映画「としまえん」で監督デビューを果たしています。

助監督から監督という経歴を見ると、かなり下積み期間が長いのではと思われます。

としまえんについて

それでは、映画「としまえん」について詳しくお伝えしていきますね。

あらすじ

東京都練馬区にあるとしまえんを舞台にしたホラー映画で
高校時代の同級生らと軽い気持ちで「としまえんの呪い」を試したことから
不可解な現象に襲われていくというストーリー。

北原演じる主人公の早希は、呪いが始まったキッカケが
高校時代のあることが原因だと知る。

北原の演技に監督も絶賛

今回の北原さんはセリフの少ない、受け芝居の多い難しい役です。
でも何を求められているか、何を表現すれば良いか、瞬時に把握し反応してくれました。
それが自然と出来る柔軟でしなやか、カンの良い子だと思います。やはりNGT48を率いてきただけのことはあります。
映画の見所の一つに、北原さん演じる早希たちが追い込まれ、責任をなすりつけ合うシーンがあります。
彼女たちの汚い人間性が垣間見える。その中で早希だけは善良さを失わないように見えます。
しかし、早希が実は過去に何をしたのか必見です。
北原さんはそんな早希を見事に演じきってくれました。
https://eiga.com/news/20180725/5/

ホラー映画であればセリフが少なくなるので
当然、演技力が必要になってきますよね。

助監督を経て映画監督デビューを果たした高橋監督が
北原さんの演技を絶賛しているということですから内容は相当期待できますね。

ホラーは実話?

ミラーハウス

ホントにあった怖い話でも特集が組まれ検証されています。

「秘密の鏡の部屋」と呼ばれるコーナーに
足を踏み入れると少女の霊に後をつけられるみたいです。

西洋のお化け屋敷

オープンした当初は、にぎわっていましたが
2Fで殺人事件が起きてから殺人事件の現場の血痕が拭き取れない。

怪現象が起きるなど、様々なことが噂されています。

本当だったら、怖すぎますよね。

でも、こういううわさが流れているからこそ、
今回の舞台でもある「としまえん」が選ばれたのかもしれませんね。

まとめ

新進気鋭の高橋浩監督に元NGT48の北原さんが
主演を務めるホラー映画ということで映画館でみるのが楽しみですね。

としまえんは、個人的に育った故郷なので懐かしいですね。

今回の撮影は、9割方としまえんで済まされたようです。

一度、としまえんに入園したことがある方は
映画を観ながら「ここ行ったかも。」という気持ちになり
内容はホラーですが、楽しく見れるのではないでしょうか。

2019年に公開予定なのでヒットすることを祈りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする