31日は降雪?全国的に雪か?都心の明日の公共交通機関への影響は?

冬もいよいよ一番冷え込む1、2月に入ってきました。

雨が全国的に少なく、インフルエンザも過去最高に上っています。

1月の最終日となったきょうは、全国的に雨や雪となる予想です。

乾燥した状態から一変し太平洋側でもまとまった雨になるかもしれません。

北海道では日本海側を中心に雪と風が強くなり猛吹雪になる恐れも。

関東南部は雨が雪に変化

31日の朝、関東では雨や雪の心配はなく交通機関の乱れもありません。

午前中は西日本を中心に雨雲がかかっていますが、時間の経過とともに徐々にその雨雲が東へ移っていきます。

雲が東へ移動していき、東京や関東南部では夜からが本格的に降りだして来る見込みです。

遠出になる場合は、傘を持ち歩くのがいいでしょう。

バスや電車への影響は?


ウェザーマップから引用

雪になる地域は西日本は山沿いが中心になりそうです。

東日本は日本海だけでなく太平洋側でも雪が降る見込みです。

東京は山間部や埼玉に面した練馬区や世田谷では雪の可能性も。

海に面した品川区や港区などは雪の心配はなさそうです。

降りだしは雨やみぞれで気温の低下とともに雪へと変わっていく見込みです。

日が明けての朝方には雪もやむ見込みで電車、バスなどの交通機関への著しい乱れはなさそうです。

都心では積もっても数cm程度ですが、山間部は積もりやすいのでいつもより小一時間くらい早めにでるのがいいかもしれません。

2月1日6時までの予想降雪量

関東南部平野部  3cm
関東北部平野部  3cm
箱根·多摩·秩父地方 5cm
関東北部山沿い 20cm
甲信 30cm

となっています。

北海道では変わらず雪

冬型の強い気圧配置の関係で北日本は大荒れとなり北海道では吹雪になりそうです。

2月1日6時までの予想降雪量

日本海側北部  40cm
日本海側南部  20cm

となっています。

週末の天気は?

都心で雪が降ったとしても金曜日の朝方には止んでいるでしょう。

週末は、お正月明けからスタートした仕事の疲れをとる方もいるでしょうから週末のお出掛けの天気が気になりますよね。

気になる天気ですが、2月2日は全国的に晴れる予想です。

3、4日は天気は崩れるものの都心では3日の最高気温が14度になり、4日には最高気温が16度になる見込みです。

しかし、まだまだ寒い時期なので暖かい服装は必須です。

感想

31日は降雪!東京の都心では雪も!明日の公共交通機関への影響は?についての情報をまとめましたがいかがだったでしょうか。

都心の雪の心配はそこまでしなくてよさそうです。

週末は最高気温も高く、晴れる模様です。

ただ、日曜日から天気がぐずついてしまうので寒さ対策には充分注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする