セカンドライフを充実させたいとうまいこ!製作会社の社長に!今の仕事は?

誰しも60代近く迎えれば、第2の人生や終活に向けての取り組み始めると思います。

誰もが、第2の人生をより良く生きたいと望んでいるのではないでしょうか。

そんな第2の人生の模範であるような生活を楽しんでいるタレントがいます。

いとうまい子さんです。

現在の活動は?

タレントやリポーター業をこなしながら、40代で名門の早稲田大学に入学しロボット工学を勉強し、介護ロボットの研究で博士課程まで進んだ。

そんないとうさんだが、芸能界には、1980年代に清純派アイドルとして人気を博し「不良少女とよばれて」のドラマで主演も務めていた。

それから、タレント活動に幅を広げてきた。

実は、今社長も続けているといいます。

社長としての顔

いとうさんは、54歳というお歳でありながらテレビの製作会社の社長になっていたといいます。

大晦日にテレビの特番であるフジテレビ「有名人が情報解禁!千鳥のドッカン!ジブン砲」に出演し社長としての顔をテレビで初のお披露目をしています。

事務所は、東京千代田区麹町に構え、製作会社がひしめき合った場所に存在しています。

仕事内容は?

マイク、カメラ、編集機材が揃った作業場もあるオフィス。

50人以上の社員を各番組に派遣しているそうです。

社長として社員や会社の看板を背負うことから、テレビ局、クライアントへの挨拶や営業活動を行っています。

タレントとしてではなく、社長としてテレビ局をくぐる時は、入講証を首から下げて通っています。

自社のスタッフのミスがあれば、直接プロデューサーの元へ行き謝罪することもあるのだとか。

アグレッシブな50代!

会社を設立したのは、2017年11月とまだ1年しか経っていないということに驚きを隠せない。

当初、7人のスタッフから50人までスタッフを増やすタレント社長のいとうまい子さん。

自らの手で道を拓くタイプ

1982年にミスマガジンコンテストに初代グランプリを受賞しています。

なんとか受賞したくて、自作自演で第3者になりすまして、自分を投票していたみたいです。

ドラマの「不良少女とよばれて」には、すでに女優降板になっていたというのに「モヒカンでも坊主頭にでもなります」と女性として捨て身の作戦に出て役をゲットしたという強者伝説があります。

結婚エピソードも2009年に39歳の一般男性と結婚していますが、お相手探しのために帝国ホテルのパーティーに出席し、人脈を広げていったという開拓精神のエピソードがあります。

感想

いとうまい子さんの現在についての情報をまとめましたがいかがだったでしょうか。

起業とタレント業の二足のわらじを履いているので、同世代にとっては励みになるでしょう。

いとうまい子さん、今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする