とんねるずの不仲説!共演も拒否?解散の危機を徹底調査!

とんねるずと言えば、超大御所芸人ですよね。

ウッチャンナンチャンと同期だったのではないでしょうか。

今年の3月に「とんねるずのみなさんのおかげでした」
長年の歴史に終わりを告げました。

それから主要なレギュラー番組もなくなり
深夜番組「石橋貴明のたいむとんねる」が始まりましたが不調だといううわさが絶えません。

なんとか、番組継続は出来ていますがかろうじてもちこたえているという状態です。

ウッチャンナンチャンと同じ?

お笑い芸人でコンビを組んだ時にボケとツッコミと別れるように
それぞれのお笑いのとらえ方が違い途中から方向転換し
別々の行動をとるパターンもあると思います。

内村光良さんは、お笑いをコントとして考え
南原清隆さんは、芸術作品として捉えています。

内村さんは、司会を務めながら映画監督の路へ進み
南原さんは、狂言や落語会を開くなど自分の道を突き進んでいます。

とんねるずはというと、
石橋さんがテレビメディアで活躍する中
木梨さんは「主演映画の『いぬやしき』が公開。

6月からロンドンを始めとし
2020年まで国内14会場を巡回するアーティスト活動に力を入れている。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」以降は
木梨さんに関してはお笑いの活動は一切していないということです。

不仲説の真実は?

以前から不仲説が取り沙汰されていたとんねるず。

コンビで仲が良かったとしても
年齢を重ねるごとに価値観は変わっていくものなので
途中から方向性も違ったものになったのかもしれません。

特に、長年続いていたレギュラー番組が終わるというのを知れば
残された時間をどう過ごすか。
というのを、真剣に考えるのも無理はないでしょう。

解散はあるか?

「とんねるずのみなさんのおかげでした」のあとに
新番組「たいむとんねる」は二人にオファーがかけられていたものの、
木梨さんはアーティスト活動に専念するために辞退しているみたいです。

所属事務所の社長でもある石橋さんは
「たいむとんねる」を一人で盛り上げる責任がある立場となりましたが
実際に、蓋を開けてみると低視聴率でなんとか秋も続けていける綱渡りの状態みたいです。

今後、ウッチャンナンチャンのように個人的な活動が増えていき
メディアで二人を見る機会も徐々になくなっていくのでしょうか。

業界でも、二人の解散危機の話が持ち上がっているので
お二人の活動が気になるところです。

まとめ

コンビを結成して
独自の道を歩み出すお笑い芸人は後を絶ちません。

解散は避けてほしいですが
自分の好きなことを続けられるのであれば
ドンドン続けていってほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする