吉澤ひとみ芸能界追放まで秒読み!これから支払う高い代償とは?

吉澤ひとみさんが9月6日に飲酒運転とひき逃げを起こし
逮捕されたことは周知の事実でしょう。

もはや、タレント活動は絶望的と言ってもいいでしょう。

逮捕後の生活はどうなっていくのでしょうか。

ムショ暮らしが現実のものに?

今回の交通事故を機に、吉澤さんの担当マネージャーと
幹部は刑務所に入ることを前提で弁護士と話を進めているみたいです。

事務所は、事務所の顔を守るべくそういう手段をとるのは必然だと言えるでしょう。

もう、事務所を通しての芸能活動は二度と出来ないでしょう。

裁判へ

レイ法律事務所の河西邦剛弁護士は
今回の事件から吉澤さんが受ける罪状と法定刑について述べている。

「報道を見るかぎり、通行人2名を負傷させたことで過失運転致傷罪(7年以下の懲役)、
飲酒運転で道路交通法上の酒気帯び運転(3年以下の懲役)、
その場から逃走したひき逃げについて、道路交通法上の救護義務違反(10年以下の懲役)と
道路交通法上の報告義務違反(3カ月以下の懲役)に該当します」

少なくとも1年は確実に刑務所に行くことは免れなさそうです。

しかし、あまりにも軽い処罰だった場合、
世間からのバッシングはさらに増すばかりで
吉澤さんがシャバに出ても居場所がなくなってしまうでしょう。

ムショ暮らしの実態

ムショ暮らしの実態は気になりますよね。

まず、刑務所に入る前の所持品検査が待っています。

芸能人だからと言ってもう容赦はないようです。

たばこや薬物を所持していないかどうかを
膣内検査されることもあるという。

今ではさすがになくなりましたが
その時点で、芸能人と言うプライドはズタズタでしょう。

そして、芸能人と言う華やかな人を見た一般の女性囚からみたら
たとえ芸能人と言えども、陰湿ないじめの対象になる事もあるでしょう。

また、禁欲も強いられるため
必然的に女囚は性欲が溜まるみたいですので
襲われることもあるみたいです。

芸能人だからこそ、標的にされやすいのかもしれません。

もし、女囚刑務所に収監されないとなれば、
交通刑務所ということもありえます。

ただし、女性専用の交通刑務所は無い為
半官半民の社会復帰促進センターに入所という事になりそうです。

プライバシーも守られ
自由に所内の移動もできる事から
女囚刑務所に入ったときを想定しての問題は防げますが
一人で過ごす事が多いのでウツにかかりやすいかもしれませんね。

まとめ

吉澤さんの刑務所暮らしは免れそうにないですが
ご家族が待っているので社会復帰をして
フリーとして表舞台に立てるようになってほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする