元AKB岩田華怜のグループ脱退理由は!アイドルのストーカー被害まとめ

アイドルらのストーカー被害は昔も今も変わらないということでしょうか。

やはり、それなりに容姿が美しいと標的にされてしまうのでしょう。

元AKB岩田華怜のグループ脱退理由や、過去、ストーカー被害で苦しんだアイドルをまとめました。

真の引退理由

もともと、女優になりたいという希望があり、そちらに専念していくということで引退が公表されていました。

しかし、実際は、握手会·ストーカー事件で辞めに至っています。

大西秀宜氏は岩田華怜に対して、500通を超える手紙や結婚の申し込みをしていました。

握手会に参加した時に、岩田華怜は、恐怖のあまり握手を拒んだといいます。

握手拒否に激怒した大西秀宜氏は、AKS·キングレコードを相手に2014年11月に訴訟し敗訴し続けています。

そして、今月の25日に公判が東京地裁で開かれています。

大西被告は、昨年の4月から6月に警察から付きまといを禁じられたが、指示を無視して岩田さんの出演舞台に参加していました。

ストーカーによってアイドルの方向転換を余儀なくされるのは悲しいこと極まりないですね。

過去にストーカー被害にあったアイドル

さとう玉緒

2009ねんごろに、まだ、日が昇らない4時に目が覚めたところ、知らない男が部屋に立っていたといいます。

犯人は、大人しく出ていったものの、警察に指紋を採ってもらったところ、何回も来ていたことが判明し、オートロック付きのマンションに引っ越したんだそうです。

中野美奈子

自宅マンションをウロウロと物色し、ついには、マンション内に不法侵入し警察が連行しました。

壇蜜

ストーカーによって、郵便物が抜き取られる被害が発生して、公共料金が払えないこともあるそうです。

岡田奈々

1977年7月15日未明、ナイフをもったストーカーが、岡田さん宅に窓から侵入。

朝7時まで岡田さんの部屋にとどまり玄関から出ていったみたいです。

岡田さんは、ストーカーとの対決で腕に30針を縫う怪我を負いました。

鬼束ちひろ

当時、2005年7月に自宅のインターホンを30分ならし続ける男を警察に通報しました。

花束を持っており、鬼束さんに渡したかったんでしょう。

南野陽子

熱狂的なファンに個人情報を特定され、勝手に結婚させられていたといいます。

感想

熱狂的なファンになるのはいいですが、アイドルを困らせるストーカーにはならないでほしいですね。

彼女たちの人生につきまとうのはやはり、アイドルからしたら相当気持ちが悪いんでしょうね。

アイドルを好きになるのはいいですが、ほどよい距離感を保ってしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする