角替和枝さん64歳で死去!代表作、経歴、家族、病気についてまとめてみた

女優で映画、舞台、ドラマで活躍した角替和枝(本名:柄本和枝 えもとかずえ)さんが27日早朝に自宅で亡くなっていたことがわかりました。

大物女優さんである角替和枝さんの情報をまとめました。

経歴は?

誕生日:1954年10月21日生まれ
出身地:静岡県富士市出身
出身校:静岡県立吉原高等学校卒業
身長:160cm
体重:45キロ
血液型:O型

26歳の時に柄本明さんと結婚し、現放送中のNHK連続テレビ小説「まんぷく」でヒロインを演じている安藤サクラは義理の娘に当たります。

家族構成

柄本明 夫(69) 柄本佑 長男(31) 柄本時生 次男(29) 安藤サクラ 長男の嫁(32)

家族ほぼ全員が俳優として活躍する珍しい芸能一家なのです。

親が芸者なら、血は争えないということでしょうか。

長女さんもいますが、恐らく芸能関係の仕事はしていないのでしょう。

家族の中で唯一義理の娘で女優として活動している安藤さんにアドバイスしています。

安藤さんにNHKから出演依頼が届いたのが昨年の10月でした。

安藤さんが厄年なのにも関わらず、「大厄の年だから大役をやるべき」と励まし、「まんぷく」 では安藤さんは、ヒロインを演じています。

代表作

NHK連続テレビ小説「ハイカラさん」(1982)「おひさま」(2011)「花子とアン (2014)などで多数出演されています。

現在事務所が変わっており、つかこうへい事務所を経て劇団東京乾電池に在籍しています。

配役は、優しいお母さんからわけのわからんおばさんまで、役者のレパートリーも多いのが特徴です。

何でも演じられるオールマイティーなのが素晴らしいです。

闘病生活

ガンの闘病はおおよそ一年あまりだったそうです。

しかし、ガン発覚の9年前、2008年に「うつ病」と診断されました。

集中力に欠き、人の話が覚えられなくなってしまい、突然泣き出すこともあったそうです。

うつ病には、2年がかりで家族のサポートを受けながら克服していったそうです。

しかし、ガンには叶わなかったようですね。

最期は、27日午前5時頃に旦那、長男らに見守られて息を引き取りました。

次男の時生さんは、海外出張で最期の瞬間に立ち会うことが出来ませんでした。

闘病生活僅か1年での終止符は早すぎますね。

感想

名俳優さんたちが次々とおなくなりになっていますね。

そのぶん、若手の活躍も華々しいですが、大物俳優さんの脇役があるからこそ引き立てられるところもあります。

大杉漣さんと草なぎ剛さんの関係のように。

まだまだ、若手を引っ張っていく大物俳優さんたちにがんばってもらってテレビ業界を盛り上げていってほしいですね。

角替和枝さん、ご冥福お祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする