AKBから実業の世界に入った元AKBの現在は?アイドルのその後は?

アイドルの卒業後というと、何かとスキャンダルだらけで臭いものには蓋するようにかなり控えられています。

しかし、AKBだけは他のアイドルと違って、アイドル卒業後も、元メンバーが輝かしい活動を展開しています。

第2の人生というのは、アイドルにとっては考えなくてはならないものですよね。

やはり、年若き頃ならアイドルで通りますが、年齢も結婚適齢期を過ぎればいくらアイドルだとしてもなかなかアイドルとして認識はできなくなっていきます。

AKBの卒業後の足取りは?

ほとんどの場合は女優や、タレント業に転身しています。

前田敦子さん(27)はその代表格とも言えるでしょう。

また、アイドルを軸に女優もこなしている川栄李奈(23)や11月で乃木坂46を卒業する若月佑美(24)はドラマの「今日から俺は」に出演しています。

タレント、女優だけではなく、意外な職業に転身したものもいます。

それが、“心理カウンセラー”です

乃木坂の元メンバーである中元日芽香(22)さんは心理カウンセラーになった。

芸能界を引退するとまで報じられたが、早稲田大学在学中でオンラインでカウンセリングサロン「モニカと私」を立ち上げた。

サイトの運営は「乃木坂46合同会社」がマネージメントしているものと思われます。

カウンセリングの値段もアイドル的な支持率をもとに設定した金額が60分13500円とはかなり破格です。

女優やタレント業界をやめてからまた、別の進路を見出だすものもいます。

それが、声優さん

13年にAKBを卒業した仲谷明香さん(27)や、14年にAKBを卒業の佐藤亜美菜(28)は声優事務所に移籍し声優として活動しています。

また、面白いことに焼き肉店に転がりこむケースも多い。

焼き肉店「IWA」のオーナーが2015年にAKBを卒業した内田眞由美(24)だ。

アイドルの天下り先?として有名でここで働いたアイドルは自ら店を持つこともあるといいます。

高田彩奈(30)さんもその一人で、卒業後は、地元の名古屋に戻りショップ店長をやっているみたいです。

感想

こじはるは、タレント業をすくなくし、自身のブランドを立ち上げるなど華麗な転身を遂げつつあります。

華やかなアイドルで活躍し、そのちからをもって他の生業にも活かしているのは素晴らしいこと。

彼女たちの人生はまだこれから始まったばかりです。

こじはるが化けるのも時間の問題でそれも楽しみですが、これからが楽しみなアイドルたちばかりで目が離せませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする