キンプリ批判が高まるなかで平野が平祐奈と交際スキャンダルで炎上か

ジャニーズに新しい動きが見られるのはあなたもご存じのことと思います。

新しい時代に向けてジャニー喜多川さんの意向を汲んだタッキーが年内一杯で芸能界を引退し、これからのジャニーズを担うJr.世代を育成するプロデューサーにまわります。

若手の急成長

若手に目を向けると、キンプリ(King&Prince)の活躍が一番目立ちます。

今年のデビューから早くも「NHK紅白歌合戦」に出場することも決まり、若手の有名になりたいという勢いの塊で来ている感じです。

若手と言えば、キンプリの他にもSnowMan、Travis Japan、SixTONESが在籍しています。

Love-tuneは事務所との契約トラブルがあり解散しています。

これが、本当なら大問題だが、今年の1月10日に事務所が若手のジャニーズを招集し、契約に関する説明を行い契約書にサインさせた。

事務所側はサインしてもしなくても仕事や待遇は変わらないと説明し、Love-tuneだけサインをしませんでした。

結局、仕事は激減し、事務所との関係を修復できないことからLove-tuneは解散に至りました。

それぞれのグループにファンは多く、Love-tuneの解散もあり、鳴り物入りで入ったキンプリにあまりよく思わない人もいるかもしれない。

それだけ国民的アイドルグループに注目が集まっているということでしょう。

キンプリ平野にスキャンダルの予感

キンプリは飛ぶとりを落とす勢いで今年を駆けていきました。

しかし、とある理由でアンチに火がついているといいます。

それが、平野さんの言動があまりにも気に食わないのかわかりませんが。

天然キャラを全面的にウリに出しているのが最初はよかったのです。

が、時間の経過とともに演技がオーバーなのか。呆れられています。

また、それだけではなく、平祐奈さんの度重なる平野との交際を匂わせるインスタが、嫌でも目立ちます。

関係者は二人の関係を否定していますが、共通する話題が多いので近々熱愛スクープの確証も押さえられるのではないでしょうか。という見解も。

感想

芸能事務所のジャニーズ一強も時間の問題であると思われます。

キンプリの平野に熱愛スクープが発覚しても、嵐やキンプリで勝負しているので、事務所の力を使って押さえに入るでしょう。

今は、キンプリにとっては大事な時期ですのでこれ以上のスキャンダルは事務所やグループにとっての痛手になるのでスキャンダル発覚も、もみ消しにかかるでしょう。

羽目を外さずに、健全にアーティスト活動に専念して欲しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする