干され芸人になるか?とろサーモン久保田が干されるまで秒読みとその理由

まさかここまで大きな騒動になるとは、本人は思ってもいなかっただろう。

お笑いタレントの久保田かずのぶさんによる上沼恵美子さんへの批判からことは始まった。

事の発端は?

12月2日に日本一の漫才師を選ぶ「M-1グランプリ2018」で審査員を務めた上沼さんの発言からでした。

上沼さんは自身のファンであるミキに98点の得点をつけて「(中略)ギャロップの自虐(的なネタ)と違って突き抜けてる」といったコメントを残しています。

他にも、自分の感情に素直に審査するコメントがあり、視聴者や芸人たちからの反感をかっていた。

動画投稿が痛すぎた

今回のM-1グランプリを受けて、とろサーモン久保田が「酔ってるから言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だよ、一番お前だよ。わかんだろ、右側のな」とスーパーマラドーナの武智にライヴを撮影されインスタにその動画がアップされたことが物議を醸し出した。

現在、その動画は削除済みですが、
酒が絡むと人は変わってしまうのか。

やはり、芸能界で生き残ることを考えた時には発言に気を配らないといつ足下をすくわれるかわからない。

これを受けてかはわからないが、上沼恵美子はM-1の審査員を引退することを3日に発表した。

久保田の謝罪

事態を大きくみたとろサーモン久保田は謝罪するも時すでに遅しだった。

上沼恵美子さんの関西方面の影響力は大きく、M-1グランプリの件で上沼さんは自分がとろサーモンらに批判されていることをしり怒り心頭なのだといいます。

今回の事態を許せば

関西では、上沼恵美子さんはお笑いタレントの女帝として君臨しています。

その女帝に中堅、若手芸人らが噛みついたのを許せばお笑い界の保たれていた均衡を破ってしまい会社や業界の秩序が保たれなくなります。

吉本側は厳しい対応になるかもしれません。

また、とろサーモンだけではなく他の芸人らも批判に関わったことから上沼恵美子さんと吉本の芸人の共演を意図的に避ける傾向も出てくるのではないでしょうか。

いきなり干されることはないとしても、活動休止は濃厚になりとろサーモンとして活動は事実上できなくなるので自然消滅なんてことも考えられます。

感想

酒で人生を終わらせてしまうとはよく聞きますが、酒癖が悪いとボロが出てしまい、いままで良好だった関係もなくなりかねません。

しばらくこの騒動は鎮静化しないのでしょうが、久保田さんにはまだお笑いタレントとして活躍してほしいのでなんとか活路を見出だしてほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする