元「egg」モデル藤井香愛の今は?モデルから歌手へ転向は?

ギャル雑誌で有名な「egg」が4年間の休刊を経てWebマガジンとして甦りました。

渋谷のギャルたちは待ちにまっていたのではないでしょうか。

そんな人気雑誌の「egg」が全盛期の頃に活躍した読者モデルは何をしているのでしょう。

今回は、かつて「egg」にて活躍したモデル藤井香愛さんを例にあげて見ていきましょう。

現在は?

2018年7月にプロの歌手としてデビューしているがここまでくるのは簡単ではなかったようです。

スカウトからモデル業へ

20代半ばを過ぎると役職に就くものや結婚するものが現れています。

当時、藤井さんはアルバイト先の不動産から社員にならないかと誘われていたのだが、夢は諦めきれなかった。

高校時代は

音楽センスは、生まれながらに備わっていたようです。

音楽一家に育ち、ダンスや歌にも熱を入れ、芸能コースのある高校へ進学しました。

プリクラが流行った当時に、渋谷のセンター街に座っていたところを「egg」の編集部員に声をかけてもらい雑誌の誌面に出るようになった。

プリクラのメッカは、ギャルの溜まり場として知られていた。

最初は、メイクやコスメといった美容系企画や巻頭ファッション企画にも呼ばれるようになりました。

高校の3年間は青春を歌、ダンス、eggで過ごしたといいます。

プロの道へ

高校卒業後、藤井さんは芸能事務所に所属。

20歳の時に1年間だけヤクルトスワローズのパフォーマンスユニット「DDS」にてヴォーカルを務めます。

その後は、自主的にライヴ活動を行うが集客できず伸び悩んだといいます。

アルバイト三昧の生活

新宿のアパレルショップ「WC」から不動産の受付と事務を5年続け生計を立てていました。

社員になる話もあったが夢を諦めきれずに29歳になっていた。

友人の一言で覚醒する

ネイリストの友人に夢を諦めようかと吐露していたが諦めないで欲しいと言われ、今までアルバイト三昧で何もしていなかった藤井さんに火が付いた。

芸能事務所に所属し活動再開

約10年ぶりに足を踏み入れた神宮球場での始球式から始まり、現在はフマキラーのCM「アレルシャットウイルスイオンでブロック」に出演し芸能活動を開始しています。

現在は、イオンなどで歌謡曲を披露しているみたいですが、若い人にも聞いてもらいたいと精力的に活動しているといいます。

感想

自分の夢を一歩一歩形に変えているのは素晴らしいです。

モデルから転身した歌手の藤井さんの今後の活躍に期待しましょう。

心より応援しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする