桐島ノドカ活動休止を発表!活動休止理由や再開日など今後の活動は?

シンガーソングライターの桐島ノドカ(27)さんは14日に公式サイトにて突然の活動休止を発表した。

桐島ノドカ簡易経歴

2014年3月に音大を卒業し、2014年7月にテレビ東京の「ラスト·ドクター」の主題歌に抜擢されます。

2015年には、ミニアルバム「round voice 」でメジャーデビューを果たしています。

コメントからみられる休止の意図

桐島ノドカのコメントによれば「この度、(中略)新たな人生を歩みだす決意をいたしました」

と、報告しています。

また、報告文の中にプロダクションとレーベルも離れた事実を伝えています。

これは、相当な覚悟がないとなかなか出来ないことです。

自分の目指しているところがまた別にあるということなのでしょうか。

新たな人生を歩み出すという意味が気になりますね。

自分のやりたい道に専念

桐島さんはこれまでの音楽活動を通して以下のようにコメントしています。

「様々な選択肢があるなかで本当に自由に自分の人生を選んでいくとしたら、どう生きるか?(中略)常に考え続けた問いです」

また、こうもコメントしていて「(前略)人生は喜ぶためにあること、(中略)本当の意味での喜びを私はこれからも選択し続けていきます」

と、コメントしています。

コメントをみる限り、かなり自分哲学をきわめているのが見受けられます。

“本当に自由に自分の人生を選んでいくとしたら、、、。”とあるように、自分らしくあるためにどういう生き方があうのかを模索していたのではないかと思います。

このコメントからみるに、事務所に所属すればやりたいことはできるけど、事務所に沿った意向があり自分のやりたいことと剥離していったのではないでしょうか。

自分を制止するしがらみは何もない状態で自分らしくあるための活動がいまは見えてきたのでしょう。

それが、桐島さんの様々な選択肢からの事務所とレーベルも離れた決断に至ったのではないでしょうか。

活動休止=引退?

桐島さんは引退するのでしょうか?

ハッキリとした情報はどこにもないので明言は出来ませんが、引退はないと思われます。

自分の方針に熟考される方なのであえて明言はしないのでしょうが、音楽活動はしなくても、フリーで何かしらの制作活動は行っていくものだと考えます。

いきものがかりのように一旦、活動休止してから気持ちを整理して活動を再開したり、スガシカオのようにメンバーだけでライヴ活動を行ってみたり。

活動の形としては色々あります。

引退という言葉を避けていることからも、メディアに出なくても力を溜めてまた、公の前に新しい姿として表してくれるのではないでしょうか。

ファンへのコメント

「ことあるごとに立ち止まってばかりの危なかしい音楽活動を温かく見守ってくださりありがとうございました」とファンに感謝の意を伝えています。

この発言からも、事務所に所属しての音楽活動についての自分らしさの問いをしていたのではないかとうかがえるようなコメントですね。

本当に苦悩されたんだなと思います。

感想

桐島さんの活動休止についての情報をまとめましたがいかがだったでしょうか。

一旦は、事務所やレーベルから離れフリーでの活動に勤しむのでしょうが、落ち着いたら再び私たちの前に姿を表してくれるかもしれません。

それまでの間はしばらく待ちですね。

桐島さん、第2の人生を楽しく歩んでいって下さい。

心より応援しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする