吉田羊の穴を埋めるのは誰か?篠原涼子に来年オファーが殺到か!

来年に向けた映画賞レースの幕開けでも知られている「第43回報知映画賞」が18日に都内で行われ主演女優賞を獲得した篠原涼子にさんらが出席しました。

篠原さんは「人魚の眠る家」などの演技が評価され主演女優賞獲得に至った。

篠原さん自身、「夢のようで感謝している」と賞獲得を喜んでいます。

篠原さんは来年で芸能活動が30年を迎えます。

映画ではなく、基本ドラマで戦ってきただけにその喜びは特別なものだったに違いありません。

吉田羊さんの来年の活動では主導権が代わる可能性も

今回の受賞でもしかしたら映画界からの仕事が篠原さんに殺到するかもしれません。

まだ、確定かは定かではありませんが、吉田羊さんは所属している芸能事務所社長との確執から来年のスケジュールを白紙にして、演技勉強のためロンドンに留学すると「女性自身」が報じています。

2018年には2本の主演映画を含んだ5本の映画に主演した吉田さん。

来年のスケジュールを白紙にするのを決めたのは、10月に公開された映画「ハナレイ·ベイ」がきっかけだったと映画関係者はいいます。

撮影は昨夏にハワイ·カウアイ島にて行われました。

息子を亡くしたシングルマザー役を演じるため、監督の指示で一人渡米したのだといいます。

共演者との接触も制限され、スタッフの半分はアメリカ人で、台詞も半分が英語で監督からの容赦ないダメ出しもあり、再度、女優としての向き合い方を決め、事務所社長との確執もあり留学を決めたんだとか。

すでに、ロンドンの演技学校に内定しているそうで半年ほどであればビザの取得は必要ないんだとか。

一皮剥けた吉田羊さんが再来年にもスクリーンで見られるかもしれませんね。

映画の女優は、ドラマの活躍から映画の女優になるのが基本ルートです。

吉田羊さんもドラマ「HERO」で人気を博しクールビューティーな大人の演技が評価されてきました。

もし、来年映画での活動ができないということであれば、同じ40代として「人魚の眠る家」の演技とドラマの演技の評価も高い篠原さんに仕事が殺到するのではないでしょうか。

篠原さんの意気込み

女優をやってきて29年目にして初めて主演女優賞を獲得した篠原さんは今後の意気込みを語っています。

「これからもすてきな作品に巡り合えるように精進したい」と誓いを新たにしています。

感想

来年度の吉田羊さんの芸能活動によって篠原さんの活躍する幅がドラマから映画を中心に広がりを見せるかもしれません。

子供を二人もつ篠原さんは公私ともに活躍の幅を広げられる頑張りどころなので頑張ってほしいですね。

篠原さん、来年以降のご活躍を心より応援しています。

追伸

篠原さん出演の「人魚の眠る家」のあらすじとネタバレについて知りたいかたはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする