青学大史上初箱根駅伝5連覇へ!出雲大学駅伝出場選手と注目選手は?

青山学院大学は今年の箱根駅伝4連覇を達成し
史上6校目の偉業を達成しました。

秋から冬のシーズンが到来し
本格的な長距離走、駅伝のシーズンがやってきます。

出雲、全日本大学、箱根駅伝の3つがおおよそ1ヶ月おきにやって来ます。

出雲に関しては、
青山学院大学は出場選手が発表されています。

4年 森田歩希、梶谷瑠哉、橋詰大慧

3年 竹石尚人、鈴木塁人、生方敦也

2年 吉田圭太、神林勇太

1年 飯田貴之、湯原慶吾

上記、10名の中から6名が本番走者になる予定です。

注目選手

橋詰大慧

生年月日:1997年3月21日
身長:174㎝
体重:56キロ
出身:和歌山県海南市
出身高:和歌山北
過去の箱根駅伝成績:不出場
1万メートル自己ベスト記録:28分56秒06

今年、青学大の5000メートル記録を更新し
13分37秒75という大記録を成し遂げる。

ここまで故障で泣かされ、箱根駅伝に一度も出られなかった雪辱を
最期のこの一年に全てぶつけて欲しいです。

飯田貴之

出身:千葉県
出身高:八千代松陰高校
1万メートル自己ベスト記録:30分35秒45

1万メートルの記録はあくまで高校2年時のものなので
その時よりもだいぶ早くなっていることでしょう。

5千メートルのベストが14分7秒5なので
駅伝の長距離を20キロと単純で考えたときに
1キロ3分で走行する走力は十分にあると考えていいでしょう。

期待の新人ですね。

湯原慶吾

出身:茨城県
出身校:水戸工業高校

第97回関東インカレ 1500m 7位入賞
第23回全国都道府県駅伝 1区 区間5位
山形インターハイ 1500m・5000m出場

5千メートルで14分5秒78の期待の新人です。

スピードにも定評があり、1500メートルでは
4月21日の日体大競技会で3分50秒56を記録しています。

林奎介

生年月日:1996年12月24日
身長:175㎝
体重:59キロ
出身:千葉県流山市
出身高:柏日体高等学校(現・日本体育大学柏高等学校)
過去の箱根駅伝成績:箱根7区区間新記録で金栗四三杯(大会MVP)を受賞
1500m 3分53秒17(2018年)
5000m 14分18秒24(2016年)
10000m 29分05秒97(2017年)
ハーフマラソン 1時間03分28秒(2017年)

最期の4年生として集大成を箱根で見せてくれることでしょう。

走力は、ハーフマラソンも走っているので
申し分ありません。

小野田勇次

生年月日:1996年9月3日
身長:171㎝
体重:51キロ
出身:愛知県豊橋市
出身高:豊川高等学校
1500m 3分51秒72(2017年)
5000m 13分46秒93(2017年)
10000m 28分57秒30(2018年)
ハーフマラソン 1時間03分36秒(2017年)

前回の箱根で6区区間賞を獲得している。

まとめ

箱根駅伝で走っている4年生を欠場させ
敢えて1年生、2年生で挑む出雲大学駅伝から
青山学院大学の余力が感じられます。

箱根駅伝5連覇に向けての序章を
果たして勝利で飾ることが出来るのか。

青山学院大学から目が離せません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする