台風24号の進路は東北より?週末には本州へ向かうか?

先週、発生した台風24号ですが、
徐々に日本へ近づいてきているようですね。

当初は、心配ないような感じだったのですが
日本に近づく動きを見せているようです。

数日間は、同じところに留まる予定で
猛烈な威力を維持したまま北西へと向かっています。

ここでは、最新の進路予測と強度についてみていきましょう。

台風の強度は?

台風は中心付近の気圧は今朝3時の時点で
915hPa、最大風速は55m/s。

西北西に向かいながら進んでいます。

当初、全く心配されていなかった台風ですが、
今年発生した台風の中ではトップ5に入る
2位タイの強さになっています。

 台風24号 9月25日(火) 3時現在
 現在地    フィリピンの東
 大きさ階級  不明
 強さ階級   猛烈
 移動     西北西 15km/h
 中心気圧   915 hPa
 最大風速   55 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 75 m/s

915hpaなのでもし、日本に到達するという事になった場合、
家屋が簡単に倒壊してしまうレベルです。

平日の進路予想

フィリピンのみだけではなく、
沖縄諸島に近づく見込みになってきました。

昨日までは台湾方面へ進み予定でしたが、
一夜明けると進路が徐々に北寄りになり
沖縄への上陸が強くなってきました。

沖縄の状況は?

台風が近づくにつれ風も強まり
突然の雷雨にも注意が必要で来週末まで
不安定な天気が続くでしょう。

航空便は?

沖縄へ向かう航空便はほとんどが
欠航になるでしょう。

週末に予定のある方は来週に延ばすなどの
変更も考えておいた方がよさそうです。

28日をピークに風や雨が強まるので
出張や旅行を控える人は日にちをずらす方が無難と言えそうです。

本州に上陸した場合

沖縄に近づいた後の動きはまだ正確には読めていないようです。

本州は未だに秋雨前線が停滞しているので
天気は下り坂ですね。

台風に関しては周辺の海面水温が高く湿っているので
沖縄付近に来た時のパワーが現在観測されている
915hpaよりも大きくなるかもしれませんね。

本州にもし到達した場合は、
台風21号に迫るような強度ではなくなっていると思うので
心配はないかと思われます。

まとめ

台風の警戒域は沖縄が週末ピークになるので
沖縄に行かれる方、沖縄在住の方は十分に注意が必要になります。

おそらく、停滞するという事なので
今週だけではなく来週にも大きく天候が左右されるので
台風の動きには随時チェックを怠らないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする