台風25号日本列島に上陸か?台風の進路は?本州、北海道の影響は?

台風24号が去り一夜明けましたね。

和歌山県に上陸した後、
列島を横断し北海道を抜けた海上で
温帯低気圧に変わりました。

死者は5人、行方不明者1人を出した
驚異的な台風24号の猛威は終わりました。

しかし、台風25号も発生しており
その動きにも注目が集まっていますね。

では、気になる次の台風25号の強さと進路について
調べたのでご紹介しますね。

現在の位置

10月1日(月)15時現在、
フィリピン東の上空にあり時速15キロメートルと
ゆっくりしたスピードで進行しています。

今後はさらに勢力も増す事なので
移動速度と強度も増していくことになるでしょう。

気になる台風の強さ

こんなに日本に台風が上陸するのも稀ですよね。

次なる台風の強さですが、
以下に現在わかっている範囲の詳しい台風情報を載せています。

存在地域   フィリピンの東

強さ     非常に強い
移動     北西 15 km/h
中心気圧   950 hPa
最大風速   45 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 60 m/s

まだ台風25号は発生したばかりですが
今後、北西に進みながら勢力を強めていくみたいです。

3日(水)、4日(木)には台風の強度もピークに達する見込みで
中心気圧が935hpa、最大風速は50m/sになるという予測です。

台風の進路は?

またしても、日本列島に直撃と言う事であれば
休む間もなく台風が来るということになりますよね。

台風は5日(金)沖縄の先島諸島に上陸する見込みです。

先島諸島通過後は、24号とは別の進路を辿るという予想です。

現在、夏の高気圧が日本列島に南下している影響もあり
24号と比べると西寄りに台風25号は回っていく模様です。

ただ、東シナ海に出た後は、
24号と同じように北上する可能性があります。

まだ、シミュレーションの段階ですが
北上すると北海道にも上陸する可能性もありますので
十分に警戒する必要が有りそうです。

感想

現在、台風25号はフィリピン東の海上に存在していますが
沖縄とは目と鼻の先なので上陸した時の為
沖縄は再び台風に備えておいた方が良いでしょう。

沖縄を経た後の進路はシミュレーションによると、
本州には上陸しないみたいですので
24号の時のように台風対策は必要ないかもしれません。

しかし、東シナ海を抜けた後は、複数のシミュレーションで
進路をみていくと北海道に上陸する進路を辿っているので
北海道に仕事で行かれる方、北海道に住まわれている方は
今後の台風情報に目を光らせた方が良いでしょう。

台風も早く落ち着いてほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする